帰り道での発見。

DSC01443_R.jpg

毎年カフェカブの帰りに気になってたたばこ自販機。
今年はスルーせずに。


もう稼働していない自動販売機。
2006年のカフェカブから帰る旅に気になってた。
今年はなんというか立ち止まる余裕がでてきたのか立ち止まって写真を撮る。

DSC01432_R.jpgこの自販機建物一体となっている。
たばこ屋さんだったのかな。
真ん中のところがシャッターになってるっぽい。

DSC01434_R.jpg

DSC01437_R.jpg

DSC01439_R.jpg
DSC01442_R.jpg
DSC01441_R.jpg

DSC01445_R.jpg
こんな発見ができるのもカブのいいところ。

でもタスポ導入でこのような古いタイプの自販機は無くなってしまうんでしょう・・・・。

“帰り道での発見。” への4件の返信

  1. 初めまして。
    カフェカブの帰り、ぴたーっと後ろに着けていたリトルのものです。
    akacubさんに違いない!!と思い、お声をかけたかったのですが、どうしていいかわからず・・・。
    ストーキング状態で大変申し訳ありませんでした。
    途中に、こんな家付き自販機があるんですね!
    前しか見えてなかった・・・。
    運転にも何にも、ゆとりとか余裕とか、そういうのって大事にしたいと思います。
    来年は是非見てみます。
    突然のコメント、失礼致しました。

  2. タスポの影響といえば、古自販機のおわりだけでなく、たばこ店そのものまで終わらせてしまうようなことまであるようで(u_u)
    煙草の箱もきれいだったのがだんだん注意書きが大きくなって無粋になりましたしねぇ。
    三次さんハッケン(・∀・*)

  3. >>三次さん はじめまして! コメントありがとうございます。
    ブログ拝見してましたよ!
    まさかバックミラーに映ってたのが三次さんだったなんて・・。
    こちらこそチラ見しててごめんなさい(笑)お声かけるべきでした。
    同じ道でも何回か走るといろんな物が見えてくるんですよね。不思議です。
    でも運転にゆとりはなるべくならあった方がいいですね。特に自分は・・・。

  4. o-さん>> 
    タスポはぐだぐだしてるみたいですね。免許証でもいけるようになるとか。
    あれだけ注意書きが大きくなってしまうとパッケージデザインとかやりにくいでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です