大荒れ淡路島?明石・神戸ツー(明石編)

DSC03571r.jpg
明石港に帰ってきた。
こちらは何ともない感じ。



いったん28号線へでて近くの大蔵海岸公園
公園までは行かなかったけど明石海峡をバックに写真を。
DSC03576r.jpgでも淡路島には真っ黒な雲が上空を覆ったままだ。
島にはまた。
DSC03578rr.jpg駅前へ。
DSC03580r.jpgゆっくりお昼が食べたいので明石焼に誘う。
どうもMonさんはたこ焼きと同じように思ってるけどそれは違うぞ。

並んでるけど「玉子焼き 本家きむらや」さんという店に。

DSC03582r.jpgうまい具合に並ばずに入店。
DSC03584r.jpg明石焼き(玉子焼き)20個で800円。

DSC03585r.jpg
DSC03587r.jpg
だしでも塩でもおいしい。
ごちそうさまでした。おいしかったです。

Monさんは近くの玩具店でカブの絶版トミカを購入。
昔ながらのおもちゃ屋さんだったけどきっちりプレミア価格だった。

2号線へ。
DSC03590r.jpg

明石市立天文科学館のセイコー大時計を見たかったので行ってもらうことに。

DSC03594r.jpg

子午線上にある明石市立天文科学館では、日本標準時を刻む大きな時計が設置されていたが、1995年の阪神・淡路大震災で破損し、停止してしまったため、その時計は撤去されて神戸学院大学で展示されている。現在設置されている大時計は3代目となり、服部セイコーからの寄贈である。 日本標準時-Wikipedia

小学生の頃星に夢中になった時期がありました。
その頃ものすごく行きたかった思い出があります。
いまはシゴセンジャーとういうご当地ヒーローがいるようです。

アカシゾウや明石原人、運転免許試験場など懐かしいキーワードがたくさんある町、明石市。
ちなみに現在アカシゾウは正式名称じゃなくなってたんですね。知りませんでした。

†アケボノゾウ(アカツキゾウ) S. aurorae : 鮮新世後期?更新世前期、日本。カントウゾウ S. kwantoensis、スギヤマゾウ S. sugiyamai、タキカワゾウ S. infrequens、ミツゴゾウは、いずれもアケボノゾウのシノニム。かつてアカシゾウ(Parastegodon akashiensis または Stegodon akashiensis)とされていたものも、現在はアケボノゾウと同種とされる。ミエゾウから進化した日本の固有種と考えられる。ゾウ目-Wikipedia

明石市はもういちどゆっくり来ようと思いました。

神戸方面へ走ってると前方に揃いのリュック。

別府市ナンバー。
原付ツーリングでしょうか。お気をつけて。

三宮へ到着。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です