2

北大路魯山人と岡本太郎展そして古墳

堺市東区の堺市立東文化会館文化ホール(北野田フェスティバル)へ。
北大路魯山人と岡本太郎展を見に。
場所は南海電鉄 北野田駅が最寄り駅。
少々遠いがトコトコとカブで目指した。

DSC00927_R.jpg

道中通天閣が見える。
DSC00932_R.jpg四天王寺でちょっと記念撮影。
DSC00934_R.jpgひたすら走る。
DSC00944_R.jpg途中松原市を通る。
DSC00951_R.jpgうちの赤カブは数年前にネットで探し松原市のバイクショップで購入。
ぽつぽつと見覚えのある懐かしい景色に初めて長距離走行したことなどいろいろ思い出した。

おーフルタ製菓の工場だ!

DSC00952_R.jpg
DSC00953_R.jpg無事到着。
予想よりも1時間くらいオーバーでの到着。
DSC00957_R.jpg早速チケットを購入し中へ。
最初は魯山人の作品群。
岡本太郎との関係をふまえながら紹介されていた。
魯山人の作品で個人的によかったのが「いろは金屏風」。
大きな金屏風に「いろは にほへ とちり.....]と書かれたシンプルなものだけど、
一文字一文字に迷いがなく力強さみたいなものを感じた。

魯山人の作品を見た後いよいよ岡本太郎の作品群が。
太郎の絵が集められたコーナーに入った瞬間鳥肌が立った。
普段川崎市岡本太郎美術館や岡本太郎記念館でしか見られない作品が多数展示されてる。
しかも見たかったものが目の前に。
作家、太陽の塔、午後の日、犬の植木鉢、河童像・・・。
ものすごく
あまりにもジーっと見ていたので会場の人に不審に思われたかも。
そのくらい細部まで食い入るように見ていた。
坐ることを拒む椅子にだけは実際に座ることができた。
案内には拒まれるか否か実際に座って見て確かめてくださいみたいな事が書いてある。
ゆっくりそーっと座ってみる。なんとも言えない感触。陶器でできておりヒヤッとしている。
その後もくるくると同じところ見て回った。

一度会場を出てからもう一度犬の植木鉢見たくなり再入場させてもらい結局2時間近く中にいたことになる。

こちらは記念撮影コーナー。
DSC00959_R.jpg駐輪場へ向かうとき商店街の看板が見えたので少し散策。

DSC00976_R.jpg

DSC00973_R.jpg
DSC00974_R.jpgとても短い商店街でした。

せっかく堺市まで来たので少し帰宅が遅くなるけど仁徳天皇陵に寄って帰る事に。

DSC00979_R.jpg踏切を渡ればもうすぐ古墳。

DSC00982_R.jpgここからは30分くらいで到着。
DSC00983_R.jpg
DSC00985_R.jpg

DSC00987_R.jpg教科書で見た最大級の前方後円墳。とにかく大きい。
DSC00986_R.jpgそういえば本上まなみもここにきてた。
もう少し早く来られてたら博物館にも寄りたかったな。
DSC00988_R.jpg
また来たい場所リストに。
071090.jpg道中堺市の街並みがすばらしくてたまらなかった。
071093.jpg今度はもっと早い時間に来たい。

なんと2号線にあるアウディの看板が岡本太郎でびっくりした。(わかりにくい写真ですが。)

071095.jpgこの日は行きが13℃。
帰りが10℃と寒い日でしたがそんなことを吹き飛ばすくらいタローな一日でした。

2 thoughts on “北大路魯山人と岡本太郎展そして古墳

  1. お出かけは道の写真があると一層、臨場感が~。
    犬の植木鉢、かわいいですよね。
    しかし昨日で終わってたとは(´・ω・)

  2. シャッターチャンスを逃すまいと首からカメラぶら下げて走っております。
    信号待ちも楽しもうと起動が速いデジカメに買い換えました。
    犬の植木鉢のミニチュアが出てますね。
    東京に行けたなら美術館で買いたいものです。
    今回展覧会を知ったのが当日の朝でして。あわてて行きました。
    もっと早く知ってたら何度も通ったのに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。