4

ひこにゃんツーリング 彦根市へ。(ひこにゃん登場編)

th_DSC02728.jpgひこにゃんはこのポーズがいいね。
そういえば天気。最高に晴れてます。


この日は日曜で大盛況。
th_DSC02726.jpg入城券を買って彦根城へ向かいます。
結構な階段。
モンさん、もうだれてます。
「かき氷たべたい・・・。」
th_DSC02730.jpg「あとにしてください」と言いつつミストが吹き出す涼み所横でお昼。

50円高のネギたこ。(マヨネーズのかけ方が汚くてスミマセン)
th_DSC02734.jpgグリコ ハネピスマンゴー。
th_DSC02735.jpgパン屋さんで買った彦根ロールとシチューパン。
th_DSC02737.jpgお茶はJA甲賀のゆめおうみ。

彦根ロールは後で食べたんですが豆がたくさんはいっておいしかったです。
ごちそうさまでした。

お城の外観。
th_DSC02738.jpg意外とこぢんまりしています。

そうこうしてるうちにひこにゃん2回目の登場時間が迫ってきます。
モンさんの「ゆっくり行けば間に合います。」という言葉をスルーして
「登場時間までに行こう」と博物館へ向かいます。
せっかく階段上ったばかりなのに。。という顔してるモンさん。

博物館へ到着。
すると、並んでますやん!
しばらく待ってるとひこにゃん登場!
会場のホールへ入って行く。
ちらっと見えたホールはすでに超満員!!。
すでに第一陣が中に入ってたようです。
急いで来て良かったよ。

そしてついに入れ替え。
2列目に座ることができました!
しばらく待機。
ひこにゃん登場!!
th_DSC02746.jpg
予想通りただかわいいだけじゃないひこにゃんがそこにいました。
ちょっと切れ気味な動きがかわいかったです。
刀のさやにうまく収められず投げ捨てたのをひろうスタッフさん。
th_DSC02765.jpg終了。あっというまの10分間。
th_DSC02771.jpg
やはり1回目の屋外がいいですね。
室内は暗いので写真撮りにくいです。

表に貼ってあったひこにゃんの筆画。
DSC02780r.jpgこれはたまりません。

イベントが終わって再びお城へ。
途中 井伊直弼と開国150年祭特別展が。
これまでのひこにゃんの活躍も展示してました。
th_DSC02783.jpg
記念撮影コーナーが充実。
th_DSC02784.jpgパネルはプラ製でクオリティ高いですよ。

住民票の展示も。
th_DSC02785.jpgレゴマニアにはたまらないレゴの彦根城。
th_DSC02787.jpg
TV番組で再現されたという陸舟奔車
th_DSC02788.jpg

新製陸舟車(しんせいりくしゅうしゃ)あるいは陸舟奔車(りくしゅうほんしゃ)は、

近年の史料研究にて確認された「世界で初めて発明された自転車相当の乗り物」である。

産業考古学会の2003年5月開催の総会において、「1728 ~ 1732年のわが国における自転車の発明」と題して梶原利夫が報告している。それによれば、彦根藩藩士の平石久平次時光(ひらいし くへいじ ときみつ、1696年 - 1771年)が記した『新製陸舟奔車之記』(滋賀県彦根市立図書館所蔵)に記された乗り物がペダル状及びハンドル状の機構を有して人力で走る三輪車であり、享保17年(1732年)に実際に作成されて走行に成功している。これは、ヨーロッパでの自転車の発明時期から大幅にさかのぼり、世界で初めて自転車の概念を実現したものであるという[Wikipedia]。

自転車みたいなもんですね。

黒船が伝えた西洋文明という展示。初めて日本に来たジルー・タゲレオタイプ・カメラ(ミニチュア)。

記念メダルもここには健在。
th_DSC02796.jpg残念ながらひこにゃんデザインは販売中止っぽい。。

お城内部に入ります。
th_DSC02798.jpg
隠し狭間。△と□がありました。

△□は鉄砲ざま。長方形は矢ざま(弓矢用)。

城上部から琵琶湖を望む。
昔の人も同じ風景みてたんかなと思うと少しわくわくします。

お城混雑の原因が階段。
ものすごく急で危険です。登りも下りもゆっくりどうぞ。

かき氷で一休み。
なんといっても使い捨て容器じゃなくて涼しげなガラスの器がイイですね。
ごちそうさま!

さて帰りますか。

正座してるちっちゃいひこにゃん買いました。
探したけど結局シールは見つからず。残念。

ひこにゃんをさっそく開封。
th_DSC02815.jpg

th_DSC02816.jpgそれではモンさんの希望で洋菓子店CLUB HARIE(クラブハリエがある近江八幡へ向かいます。

ひこにゃんツーリング 彦根市へ。(往路編)
ひこにゃんツーリング 彦根市へ。(ひこにゃん登場編)
ひこにゃんツーリング 彦根市へ。(復路編)

4 thoughts on “ひこにゃんツーリング 彦根市へ。(ひこにゃん登場編)

  1. ちっちゃいひこにゃんは本当にちっちゃいんですね。
    それにしても彦根城の、ひこにゃんの心得っぷりが。

  2. >>o- さん
    ほんとに。ひこにゃんを大切にしてるのがよくわかりました。
    o- さんはひこにゃんとハバタンのツーショットを見てるんですよねー。

  3. >>o-さん
    ほー。彦根城では最初に注意事項の説明があって、赤い線から前に出ない。蹴らない。しばかない(笑)。って言われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。