0

美術館を、はしごする。森山大道+横尾忠則

神戸で美術館ざんまい。 まずは兵庫県立美術館へ。 森山大道写真展 仮想都市〜増殖する断片 ずいぶん前にまだまだ先だなと思ってたらもう9月。 関西では大阪国際美術館で2011年に開催されたオンザロード以来の大きな展覧会でした。 中でもスライドインスタレーションのコーナーがすごくよかった! 大きな4枚のスクリーンに映し出される写真と流れる街の音風景。 森山さんの写真が好きなのは見てるとその場所、場面を色々想像してしまうこと。 夏休みも終わってゆっくり見ることができました。 もちろん三沢の犬も展示されていました。何度見てもゾクゾクします。 手ぬぐいが売ってたので買いました! 美術館には新しくヤノベケンジさんの作品が! サン・シスター。 愛称は、なぎさです。 南茨木駅前にあるサン・チャイルドのお姉さんにあたるそうです。 後ろ姿が凛々しいです。 王子動物園まで戻ります。 もうひとつの美術館。 横尾忠則現代美術館 神戸に美術館が出来て来るのは初めて。 横尾忠則さんといえば今から7年前カブで西脇市にある岡之山美術館に行き横尾忠則さんの作品をみて代表作「Y字路」のモデルの前に立つという当時ボロボロだったから行けたのか今では考えられんほど行動してましたね。あの時行って感動して凄く助けられた思い出があります。帰り道姫路城まで行って帰りました。 横道にそれましたが、今回は作品だけではなくてその作品にまつわる資料も一緒に展示されてて面白かったです。 あと切手の展示も。 切手集めてた時期があるのでまた切手帳見返そう。 撮影可能なコーナーもありました。 絵を描く時に使ったパレットが作品になってます。 4階のアーカイブ。 動物園が見えます。 岡本太郎と横尾忠則 ここのところモヤってばかりなのでとてもいい気分転換になりました。 また来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。